図書館司書補とは

 図書館における専門的職員のうち、【司書の職務を助ける】のが図書館司書補です。司書補になるためには、高等学校を卒業するか、高等専門学校の第3学年を修了し、大学で行う司書補の講習を修了する必要があります。

 また、3年以上司書補として勤務した経験があれば、司書の講習を修了することで図書館司書になれます。

 図書館司書との大きな違いは、大学や高等専門学校を卒業しなくても司書になれるということです。高校を卒業して、大学へ行くかわりに司書補の講習を受け、司書補として3年以上実務経験を積めば司書講習が受けられます。

 就職では司書補ではなく司書の資格を要求される場合がほとんどなので、厳しい道となりますが、なかには司書補として実務経験を積んで、司書になった方もいます。